新着情報

2018.05.08|
お知らせ
5月13日は月に一度の中国茶教室です。
空席ございます。
お誘い合わせの上ぜひご参加くださいませ◎
今月のお茶はこちら⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
○味わってみましょう。初の韓国紅茶「梅岩」。
○亡んでしまった(?)「バタバタ茶」。その時代を体験してみよう。
○美しい高級緑茶です。「安吉白茶」(浙江省)。
○岩茶「金柳条」で体の中からも初夏のさわやかな風を。
ご参加お待ちしております^ ^
 
岩茶房丹波ことり
079ー556ー5630
2018.05.06|
お知らせ

!ことりスタッフブログ更新!

d0293004_21344833.jpeg
こんにちは。
ゴールデンウィーク後半、

篠山は最高のお天気に恵まれました。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

先月中頃、篠山のボランティアガイドさんに、
ヒカゲツツジ、今だよ!!
と教えていただいて、
急遽
「ことりワンギャル部?」
誕生!
当日は、10時に出発して下山時刻18時。
1日がかりの登山でした。
2歳と4歳の子たちも大人顔負けの頑張りで、
ことりワンギャル部初登りは
素晴らしい結果を残すことができました。
そのお山は、篠山市の北東に位置しています。
途中、洞窟があり、さすがは海底が
隆起して生まれた山!
武夷山を思わせる巨大な岩があちらこちらに。
とても神秘的な山です。
d0293004_21331656.jpeg
d0293004_21334599.jpeg

しかし、道中は気を抜くと滑落するのでは!!
とドキドキするところも。
また想像以上に長い道のりでした。
頂上はまだ??
と泣き言が出そうな時でした…
息を飲む美しい景色が目の前に広がります。
緑のグラデーション、
ウワミズザクラの白に、
ヒカゲツツジのトンネルに吸い込まれそう!
d0293004_21281590.jpeg
d0293004_21253366.jpeg
d0293004_21250601.jpeg
d0293004_21242855.jpeg

息を飲む美しさに疲れも吹っ飛びます。
ついに登頂!
部員の手作り弁当を無言で頬張った後は、
岩茶房丹波ことりスタッフ提供、
岩茶の時間です。
「極品肉桂」
湯を沸かし、茶器を並べ、温め、
茶葉を急須へ…店主はここでも平常心。
d0293004_21294367.jpeg
d0293004_21301556.jpeg
d0293004_21322448.jpeg
d0293004_21313915.jpeg
さすが!流れるような所作で、
香り高い素晴らしい極
品肉桂を淹れてくださいました。
山頂で頂く岩茶は一段とピュアに感じました。
自分自身がいつもよりピュアだから??
じわじわ全身に沁みていく。
花と緑の香りに包まれ至福のひとときでした。
野外茶会最高です。
次はどこがいいかな?と思案中。
オンもオフも共に岩茶を味わう。
素晴らしい仲間に出会えて幸せです。
感謝。
さて、5月13日は恒例、
月に一度の中国茶教室です。
お誘い合わせの上ぜひご参加くださいませ◎
今月のお茶はこちら⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩
○味わってみましょう。初の韓国紅茶「梅岩」。
○亡んでしまった(?)「バタバタ茶」。その時代を体験してみよう。
○美しい高級緑茶です。「安吉白茶」(浙江省)。
○岩茶「金柳条」で体の中からも初夏のさわやかな風を。
ご参加お待ちしております^ ^
 
岩茶房丹波ことり
079ー556ー5630
2018.04.27|
お知らせ

岩茶房丹波ことりGW営業日のお知らせ

2018年

4月28日(土)通常営業

29日(日)通常営業

30日(月)通常営業

5月1日(火)通常営業

2日(水)定休日

3日(木・祝)臨時営業

4日(金・祝)通常営業

5日(土)通常営業

6日(日)通常営業

7日(月)通常営業

8日(火)通常営業

 

営業時間11時〜18時

GW中は5月2日(水)を除き、休まず営業いたします。

皆様のご来店お待ちしております。

岩茶房丹波ことり

079ー556ー5630

2018.04.17|
お知らせ

 

5月〜のクールの詳細をご案内いたします。

お誘い合わせの上、ぜひご参加くださいませ。

 

この中国茶教室は、岩茶、珍しいお茶の数々、そして自家製点心または菓子を、講師左能典代さんの機知に富んだお話と丹波の作陶家柴田雅章さんの器でお楽しみ頂くひとときです。中国茶教室の醍醐味、「一つのお茶を皆で淹れて分け合う美味しさ、楽しさ」を存分に味わっていただけましたら幸いです。

今クールも銘茶が揃います。継続の方も初めての方も、ご参加お待ち申し上げております。

【 日程 】 5月13日(日)、6月10日(日)、7月15日(日)

…   席に空きがある場合は単発でご参加いただけます。

【時間 】 11時~13時半頃

【 受講料 】 5,000円  茶4~5種、特製点心または特製菓子

… 各回受講時にお納めください。

初めて受講される場合は前払いにてお願いします。

… 一週間前を過ぎてからのキャンセルはご遠慮ください。

【 定員 】 20名

5月13日(日) 

○味わってみましょう。初の韓国紅茶「梅岩」。

○亡んでしまった(?)「バタバタ茶」。その時代を体験してみよう。

○美しい高級緑茶です。「安吉白茶」(浙江省)。

○岩茶「金柳条」で体の中からも初夏のさわやかな風を。

 

6月10日(日)

○「滇」は雲南省の古名ですが、これは広東省の新「滇紅工夫」です。

○韓国茶人がご自慢の「無名緑茶」。

○岩茶ではなく土栽培の「黄金桂」の味を。(福建省)

○消えたはずの幻の岩茶「白瑞香」。ワンチャンスです。

 

7月15日(日)

○ネパールの紅茶です-ホワイト・チップス。

○唐代初出、生産量極少の「九華毛蜂」。(安徽省)

○台湾阿里山の「貴妃茶」で体の中から芳香が・・・!?

○岩茶「白毛猴」で夏季健康のコントロールを。

【お申込み・お問い合わせ】        

    岩茶房丹波ことり     tel・fax  079-556-5630

 11-18時(水・木休)  mail       tanba@kotori-gancha.com

2018.03.29|
お知らせ

4月15日(日)は毎月1度の中国茶教室の日です。

残席、わずかですがございます。

お教室の内容はこちら

4月15日(日)

○黒茶の歴史に出会う。「安化黒茶」(湖南省)

 ○巨大です!白茶「雲南雪芽」(雲南省)

 ○産地不明のまま生き続けた緑茶「松羅茶」(一応安徽省)

 ○岩茶「水金亀」でごゆっくり。

 

黒茶、白茶、緑茶、岩茶、

一度の会でこのように様々なお茶を愉しめる機会は

大変貴重です。

この機会にぜひご参加くださいませ。

ご連絡お待ちしております。

 

岩茶房丹波ことり

tel・fax  079-556-5630

11-18時(水・木休)

mail  tanba@kotori-gancha.com