新着情報

2017.09.07|
中国茶教室

9、10、11月中国茶教室のお知らせ

この中国茶教室は、岩茶、珍しいお茶の数々、そして自家製点心または菓子を、講師左能典代さんの機知に富んだお話と丹波の作陶家柴田雅章さんの器でお楽しみ頂くひとときです。今クールも珍しいお茶の数々です。

「一つのお茶を皆で淹れて分け合う美味しさ、楽しさ」

を丹波篠山の季節の移ろいとともに味わっていただけましたら幸いです。

この貴重な機会が永く続いていきますように、

皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【 日程 】 9月10日(日)、10月15日(日)、11月12日(日)

※原則3ヶ月1クールですが、空席があれば単発での受講も可

【 時間 】 11時~13時半頃

【 受講料 】 5,000円

茶4~5種、特製点心または特製菓子

※各回受講時にお納めください(初めて受講される場合は前払をお願いしております)

※一週間前を過ぎてからのキャンセルはご遠慮ください

【 定員 】 20名

9月10日(日)

○宇宙の音を紅茶に。ある物理学者2年目の挑戦!「星籠」

○今年もみごとな日本人茶師の烏龍茶2種対決「香駿烏龍」と

「猿島烏龍」

○こんな形のお茶もあるんですね!二度と飲めない仰天緑茶「龍須茶」

○岩茶2017年の「仏手」。製造できなくなってしまいましたが、

ホンノ少しありまして!

 10月15日(日)

○「べにつくば」とはどんな紅茶でしょう?特別試飲です。

○葉の形が蓮の芯にそっくりの緑茶「蓮芯茶」(福建省)

○杉林渓と阿里山にはさまれた山の名ウーロン茶「三層坪高山茶」

○岩茶陳香12年「小紅袍」で体質強化!?

11月12日(日)

○白茶で日中「闘茶」−「白牡丹」と「プラチナドロップ」

○この雀舌はみごとです。緑茶「天源雀舌」(福建省)

○「永春仏手」と名づけられた歴史的ウーロン茶です。

○岩茶 そろそろ体を温めて。「鉄羅漢」でごゆっくり。

 

【お申込み・お問い合わせ】        

  岩茶房丹波ことり

tel・fax  079-556-5630

11-18時(水・木休)

mail  tanba@kotori-gancha.com