中国茶教室

2018.04.17|
お知らせ

 

5月〜のクールの詳細をご案内いたします。

お誘い合わせの上、ぜひご参加くださいませ。

 

この中国茶教室は、岩茶、珍しいお茶の数々、そして自家製点心または菓子を、講師左能典代さんの機知に富んだお話と丹波の作陶家柴田雅章さんの器でお楽しみ頂くひとときです。中国茶教室の醍醐味、「一つのお茶を皆で淹れて分け合う美味しさ、楽しさ」を存分に味わっていただけましたら幸いです。

今クールも銘茶が揃います。継続の方も初めての方も、ご参加お待ち申し上げております。

【 日程 】 5月13日(日)、6月10日(日)、7月15日(日)

…   席に空きがある場合は単発でご参加いただけます。

【時間 】 11時~13時半頃

【 受講料 】 5,000円  茶4~5種、特製点心または特製菓子

… 各回受講時にお納めください。

初めて受講される場合は前払いにてお願いします。

… 一週間前を過ぎてからのキャンセルはご遠慮ください。

【 定員 】 20名

5月13日(日) 

○味わってみましょう。初の韓国紅茶「梅岩」。

○亡んでしまった(?)「バタバタ茶」。その時代を体験してみよう。

○美しい高級緑茶です。「安吉白茶」(浙江省)。

○岩茶「金柳条」で体の中からも初夏のさわやかな風を。

 

6月10日(日)

○「滇」は雲南省の古名ですが、これは広東省の新「滇紅工夫」です。

○韓国茶人がご自慢の「無名緑茶」。

○岩茶ではなく土栽培の「黄金桂」の味を。(福建省)

○消えたはずの幻の岩茶「白瑞香」。ワンチャンスです。

 

7月15日(日)

○ネパールの紅茶です-ホワイト・チップス。

○唐代初出、生産量極少の「九華毛蜂」。(安徽省)

○台湾阿里山の「貴妃茶」で体の中から芳香が・・・!?

○岩茶「白毛猴」で夏季健康のコントロールを。

【お申込み・お問い合わせ】        

    岩茶房丹波ことり     tel・fax  079-556-5630

 11-18時(水・木休)  mail       tanba@kotori-gancha.com

2018.03.10|
お知らせ

 

3月11日(日)中国茶教室、

キャンセルが出たため、お席ご用意ございます。

是非、この機会にご参加くださいませ。

時間 11時〜13時半頃(予定)

受講料 5,000円

↓内容はこちら↓

 ○未加工、乾燥させただけの「ルイボスティー」。現地調達です。(南アフリカ) 
 ○おめでたい名前の紅茶「百歳紅」味は珍!
 ○台湾・高山奥地に生育。唯一無二の貴重な烏龍茶です。「奇萊山高山茶」
 ○岩茶「鳳凰水仙」の香りで天翔けてください。

 

 

 

2018.01.06|
お知らせ
d0293004_10534671.jpeg
d0293004_10534955.jpeg
岩茶房丹波ことりは年始2日から営業しています。

お正月はお顔馴染みのお客様に加えて帰省中旅行中の方々も訪れてくださって新鮮な雰囲気です。
d0293004_10541261.jpeg
d0293004_10541070.jpeg
d0293004_10541525.jpeg

新年、岩茶房丹波ことりでは楽しみな毎年恒例行事?があります。

それは『店主からお抹茶の振る舞い』です。
香り高い抹茶を柴田雅章さんのおおらかな茶碗でいただく幸せ。

d0293004_10545975.jpeg
d0293004_10535200.jpeg
d0293004_10540846.jpeg

新年早々背筋がスーーーッと伸びました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
岩茶房丹波ことり
スタッフSSK

さて、2018年も2月から、中国茶教室が始まります。
今年も、講師の左能典代さんが、
普通には手に入れることが出来ない数々のお茶を

惜しみなく出してくださるようです。

この貴重な機会をお逃しなく☆
ご参加お待ちしております。

私、岩茶房丹波ことりに出会って働き初めて5年がすぎましたが、

中国茶の世界を知るほどに、このお教室が
とても有り難いものなのだと改めて深く感じています。

講師の左能さんをはじめ、ご参加くださるみなさま、

岩茶房丹波ことりを様々な形で支えてくださる皆様方に感謝申し上げます。

詳細はこちら↓

d0293004_20555998.png
2017.10.04|
お知らせ

 


すっかり朝晩冷えるようになり、店の前の大イチョウの葉が色づき始めました。
10月に入りましたね。
これからの篠山は秋の味覚やイベントが目白押しで、街の中心部はとても賑やかになります。
そんな時でも、岩茶房丹波ことりは、篠山の中心にありながら、

賑やかな通りとは城址を挟み、反対側の南側に位置するので、
程よい静けさが守られていて心地よいですよ。

私たちスタッフは、 11/3から4日間開催される、
”ササヤマルシェ”
に向けて準備にスイッチが入りました。
例えば毎年多くの方々に喜んでいただく”豚まん”。
生地の様子を見ながら、捏ねて包んで蒸して…。
繰り返し同じ作業、ではなくて、気候に合わせその都度微調整しながら、
美味しく形美しく仕上げていきます。


そんなことりスタッフの最近の朝の楽しみは、
分刻みスケジュールの合間の”岩茶の時間”。
例えば今なら、篠山の風物詩とも言える名物の栗餅、
店主の差し入れ^ ^
それに近くの方から完熟の篠山イチジクをたくさんいただいて頬張ったり、
お客様からお出かけのお土産や贈り物をいただくことも…
厨房からの景色とともに、篠山の秋、いぇ、食欲の秋を満喫しています^ – ^(太らないようにバンバン働きます!)
さて、今月15日(日)は中国茶教室の日。

今回もまた珍しいお茶のが揃い、充実!
岩茶は、気温差の大きいこの季節にぴったりの小紅袍が登場します。
そして、いよいよ今月のお教室には2017年製の岩茶の販売が始まりますので、
こちらもどうぞご利用ください。
東京岩茶房創設者の左能典代さんをお招きしてのこのお教室は、
私にとっても滅多とない貴重な学びの機会です。篠山に居て、
この機会が得られることは本当にありがたいことだと感じています。
これからもご参加くださる皆さまとこの貴重な時間を共有して
”茶”の世界を深め広めていけたらと思っています。
これからもこの左能さんのお教室がながく続きますように…
お一人でもお友達同士でも、
是非ご参加くださいませ。
お待ちしております。

詳細はこちら↓
 ○「べにつくば」とはどんな紅茶でしょう?特別試飲です。

 ○葉の形が蓮の芯にそっくりの緑茶「蓮芯茶」(福建省)

○杉林渓と阿里山にはさまれた山の名ウーロン茶「三層坪高山茶」

○岩茶陳香12年「小紅袍」で体質強化!?

岩茶房丹波ことり

tel・fax  079-556-5630

11-18時(水・木休)

mail  tanba@kotori-gancha.com

2017.09.07|
中国茶教室

この中国茶教室は、岩茶、珍しいお茶の数々、そして自家製点心または菓子を、講師左能典代さんの機知に富んだお話と丹波の作陶家柴田雅章さんの器でお楽しみ頂くひとときです。今クールも珍しいお茶の数々です。

「一つのお茶を皆で淹れて分け合う美味しさ、楽しさ」

を丹波篠山の季節の移ろいとともに味わっていただけましたら幸いです。

この貴重な機会が永く続いていきますように、

皆さまのご参加をお待ち申し上げております。

 

【 日程 】 9月10日(日)、10月15日(日)、11月12日(日)

※原則3ヶ月1クールですが、空席があれば単発での受講も可

【 時間 】 11時~13時半頃

【 受講料 】 5,000円

茶4~5種、特製点心または特製菓子

※各回受講時にお納めください(初めて受講される場合は前払をお願いしております)

※一週間前を過ぎてからのキャンセルはご遠慮ください

【 定員 】 20名

9月10日(日)

○宇宙の音を紅茶に。ある物理学者2年目の挑戦!「星籠」

○今年もみごとな日本人茶師の烏龍茶2種対決「香駿烏龍」と

「猿島烏龍」

○こんな形のお茶もあるんですね!二度と飲めない仰天緑茶「龍須茶」

○岩茶2017年の「仏手」。製造できなくなってしまいましたが、

ホンノ少しありまして!

 10月15日(日)

○「べにつくば」とはどんな紅茶でしょう?特別試飲です。

○葉の形が蓮の芯にそっくりの緑茶「蓮芯茶」(福建省)

○杉林渓と阿里山にはさまれた山の名ウーロン茶「三層坪高山茶」

○岩茶陳香12年「小紅袍」で体質強化!?

11月12日(日)

○白茶で日中「闘茶」−「白牡丹」と「プラチナドロップ」

○この雀舌はみごとです。緑茶「天源雀舌」(福建省)

○「永春仏手」と名づけられた歴史的ウーロン茶です。

○岩茶 そろそろ体を温めて。「鉄羅漢」でごゆっくり。

 

【お申込み・お問い合わせ】        

  岩茶房丹波ことり

tel・fax  079-556-5630

11-18時(水・木休)

mail  tanba@kotori-gancha.com